スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

88_31_zz_cloud.gif 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

英語、中国語で話す一日(*^▽^*)

2009/12/23 (水)  カテゴリー/わたくしごと

いやぁ~、昨日は頑張って、極力日本語は使わずに

英語と中国語で話し掛けてみましたヾ(^▽^)ノ

で、どんな感じだったかと言うと・・・



はっはっはーーー、私、疲れたわぁ~~~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

以前にも書いたことあるけど、

英語より中国語の方が得意なので

英語で話そうとして、すぐに出てこない表現が中国語になったり(笑)

もしくは反対もあったり・・・(笑)

Do your homework! 然后可以吃小吃!(ránhòukěyǐchīxiǎochī)

=宿題したらおやつが食べれるよ!

なんて言っちゃったり、

Not this, 这个!(zhège)=これじゃないよ、こっち!

子供たちも混乱しただろうねぇ~

子供たちは英語の方がより理解してるので、

中国語ではもう少し単語を覚えないとなかなか理解できない感じで

今、次女ちゃんにしている語りかけを同じように長男くん長女ちゃんにしていかないと行けないと思いました

それでも進歩も見られて、英語モード全開の私に対してピアノのレッスンの帰りの車での会話



マーマ : 『Did you have fun?』

長男くん : 『Yes!!』

マーマ : 『Are you tired? Dad won't come back home tonight. He will go fishing tomorrow, so he's gonna stay at grandpa's house.』

長男くん : 『I'm ●■△×○』

マーマ : 『??? You said, "I'm sausage"?』

長男くん : 『(爆笑) I'm so sad!』


「so sad」が「ソウセーッ」に聞こえたの(≧∇≦)

長女ちゃんも含め、みんなで笑っちゃいましたよ(*^▽^*)

長男くんがこんな文章を言うのって初めてかもしれないので、

英語モード全開にして収穫があったってことよね(o^-')b


英語、中国語で話しかけ続ける私に長男くんがある提案をしました

『朝は日本語で、お昼は英語で、夜は中国語で話すってどう?』

それ! いいやぁ~~~ん(´∀`人)

一度に3ヶ国語で話すのって私自身も混乱気味だったので、

今日はそんな感じで時間で割って話しかけてみようと思う!

とは言え、中国語で話すのが一番楽ちんなので、

中国語に力を入れてもいいかなぁ~、とも思いました

この冬休みは試行錯誤してみようと思いますo(*^▽^*)o


。o ○o。。o○o ○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。o

昨日は先日テレビで放映していた《インデペンデンス・デイ 》を副音声で見ました

私が初めて見たのは中国留学中にアメリカに留学している友達に会いに、

中国から単身アメリカへ会いに行ったときでした

その時の北京空港は今の空港ではなく、

もろに木造で、留学先から第三国への渡航に緊張気味に出航したのを思い出しました

アメリカの空港ではカメラのレンズの中まで見られて、

ドキドキしたことを思い出しました

その友達には台湾人の彼氏がいて、

中国語と英語ミックスで会話したことも思い出しました

友達は先に寝てしまったけど、その彼氏が中国語と簡単な英語に訳してくれて

一緒にビデオを見ました

ウィル・スミス、どうりで若いはずよねぇ~

10年以上前の映画だもんねぇ~(;^_^A

英語教室のA先生とパパのお陰で長男くんは

スペース物、戦争モノ、戦いモノ、ファンタジー、

色んな映画に興味を持っています

そんな環境が出来てるだけでもありがたいことよね(*^▽^*)


明日はパパと一緒に釣りに行けないけど、

その分他のことを一緒に楽しもうねヾ(^▽^)ノ

ただし、WiiDSi は国語の教科書の音読と

ピアノの練習してからだよ(*^▽^*)



Wii(シロ)(「Wiiリモコンジャケット」同梱)

ニンテンドーDSi
88_31_zz_cloud.gif 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。