スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

88_31_zz_cloud.gif 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

嫌がらずにピアノの練習をさせる方法~長男くん後編~

2009/11/09 (月)  カテゴリー/ピアノ

前回の日記に、私が高校2年生から6年間ピアノを習ったことを書きました

大学3回生で中国へ留学したので、そこでピアノを止めました

今考えればもう少し早く止めててもよかったですね(;^_^A

この6年間って長いと思いません?

けど、全く弾けないんです

ってことはある意味、無駄な6年間ですね(;^_^A

その6年間を3歳から9歳までだったとしたら???

きっとしっかりと身に付いてたと思うんです

なので、ピアノは小さいうちに始めた方が絶対にいいと思うんです

そうすると、今度は練習させるのが大変です

4歳頃の長男くんとの練習風景は前回の日記に書きましたが、

ヤマハ音楽教室幼児科2年目に上がる時、

私、決めたんです

絶対に 「怒らない!」 「怒鳴らない!」 「押し付けない!」

私の怒りボルテージが上がるとな~~~んにもいいことないねんもん!

それに気付いたので、そこからは全く怒るのを止めました

長男くん 『今日は弾きたくないぃ~~~!』

私 『そっかぁ~、じゃあ明日やったら弾ける? OK! 明日ね(*^▽^*) おやつにしよっか!』

もしくは、

私 『じゃあ、1回ずつ練習して終りにしよっか? それならいい?』

長男くん 『うん!』

この時あと少し練習したらもっと上手になるのにぃ~、と思っても

絶対に1回で練習を止めておやつにします

こんな感じでいくとだいたい週に3回くらいは練習することになります

そしたらね、1つ、気付いたことがあったの

それは、たとえ週に3回しか練習してなくても次のレッスンに行くと明らかに前のレッスンより前進してるんです、わずかだけどね^^

週に3日練習じゃないんですよ、たった3回ですよ!

子供って吸収力が高いからだと思う

なので、その後の我が家の練習風景は ↓

・練習を嫌がる日はしない

・おやつでつらない

・1回でも練習したら下手でもすごく褒める


これを実践してると、長男くんが練習を嫌がらなくなってきました

ハッピーハッピーヾ(^▽^)ノ

やったね(´∀`人)

だと思うでしょ???

違うね~~ん(-_-メ

長男くんにストレスがなくなった代わりに私にストレスが降り注ぐぅ~~~(>_<)

そりゃ~、イライラするよぉ~~~

怒りたい時に怒れない、無理に練習させてた頃の5倍くらいイライラが増えました

でも、結局楽しくなかったら子供は練習しないやん?

楽しくないと続かないやん?

だから、ママは怒るのを我慢!しました

めっちゃイライラしたけど、我慢しました

レッスン受けてる他のお友達が両手で上手に弾いてても、

『僕は僕のペースで弾いたらいいからね、片手でも大丈夫やで^^』

と伝えました

本心は、「もっと練習したら弾けるやろぉ? 頑張りが足りんねん!」って言いたかったんだけどね(;^_^A

けど、週に3回しか練習しなくても、細々と楽しく続けていたお陰で、

今では本当に楽しそうに弾いています

まあ、練習は自分からはしませんがっ!!(長女ちゃんはいつも自分から練習しますが・・・)

他のお稽古の兼ね合いで、毎日は出来ないし、レッスンのクラスでは落ちこぼれてますが、

4歳のスランプ(大げさ(;^_^A)を乗り越えたお陰で、今は楽しくピアノを続けています

英語と同じで、今止めてしまったらきっと中学生くらいになった時には全く弾けないと思うので、

確実に身に付くまで続けさせたい・・・(経済力が続くのか???)

今年のコンクールでは、ありがたいことに入賞までさせてもらって、

それが新聞に載ったので、幼稚園や小学校で会う先生やお母さんたちに、

『おめでとう! すごいねぇ~!!』

なんて声を掛けてもらって、さらに長男くんは嬉しかったようです

ちなみに、動画を載せたいと思って、コンクールの課題曲「フラメンコ」を弾いて、って頼むと、




もう弾けなくなっていました(;^_^A

はやっ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


88_31_zz_cloud.gif 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。